病院施設・医療機器

マップ上の青文字へマウスを移動していただきますと、病院内イメージをご覧いただけます。

増築工事完了「待合ホールとリハビリテーション室が広くなりました

医療機器紹介

CT マルチスライスCT日立製 エクロス

CTはレントゲンとは異なる画像を撮影できます。
従来に比べ画質も向上しており、3D画像に変更できるなど精度の高い診断が可能になりました。
また、お腹まわりの輪切り画像に脂肪だけ色をつけて視覚的に脂肪の量が分かるなど、色々なことが可能になりました。

上部内視鏡(経口内視鏡・経鼻内視鏡)オリンパス製

食道・胃・十二指腸の検査に使用します。
経鼻は鼻から入れる内視鏡、経口は口から入れる内視鏡です。
鼻からいれる経鼻内視鏡は、「おえっ」としにくい内視鏡です。
ただし、写せる画像範囲が狭く経口内視鏡よりも時間がかかります。
また、鼻腔が小さい方にはできない場合があります。
経口内視鏡は、画像範囲が広いため挿入時間は10分程度で終わります。

下部内視鏡・大腸内視鏡オリンパス製

直腸から結腸の観察に使用する内視鏡です。
大腸がん発見に有効な検査方法です。一番簡単な大腸がんの検査は「検便検査」になりますが、潜血の有無を調べるだけの検査であり完全に判明できる検査ではありません。
食生活の変化により、大腸がん発生率が増えています。年に一度は検査されることをお勧めします。

エコー日立製

超音波検査装置は、超音波(エコー)を発生させ反射したものを受診する機器です。
非常に安全で、これといった副作用もないことから医療現場では頻繁に使用されます。
当院では、胸部エコーと腹部エコーの検査を行っております。胸部エコーでは、心臓を観察し心筋梗塞や心不全の診断に使用します。
腹部エコーでは、肝臓や腎臓などの様子を観察できます。胆石もこれで発見できることがあります。